セルフ脱毛の注意点

女性のファッションが多様化する時代、季節的に夏だけが露出の多いデザインの洋服だけではありません。冬場でも、お洒落な場所に出かける時などに、腕や足の露出がある洋服を着用するようになりました。そんな一年中むだ毛の処理に時間やお金を掛けられないと言われる人もいますが、脱毛によるトラブルも多く、女性の肌を悩ませる原因となっているのも現状です。
セルフでむだ毛を処理する事は、確かに簡単で手軽なのですが、女性のお肌はとてもデリケートなおのですので、きちんとケアをしたり、処理の注意も大切なのです。
自宅でむだ毛処理をする場合に、よく使われるのがシェイバーです。このシェイバーは、お風呂で簡単にむだ毛処理ができますが、これは剃刀の刃を使って処理するので、むだ毛だけでなく皮膚の表面の角質までも削ぎ落としていますので、お肌のよわい方になると剃刀まけで肌が赤くなる場合もあります。また、ワックスや毛抜きなどでの処理の場合は、抜く時に毛穴に広がる毛細血管を傷つけ、炎症の原因になったり、または毛穴表面を皮膚が覆ってしまい埋没毛になる場合もあるのです。足や腕もですが、デリケートな部分はなお更細心の注意をしなくてはいけません。